47歳 女性

症状・悩み

不安障害、パニック障害

使用した薬やサプリメント

パキシル

体験談

今までも不安障害・パニック障害でかかってた病院から出されたこのSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を処方されました。

ちょうど会社は忙しく、家ではあれこれ揉めていた頃です。

その所為か、どんどん今までの薬では効かなくなり、このパキシルの登場になりました。

パキシルについてはあまり良い噂を聞いてなかったので、処方された時は緊張しました。

依存度が高く、そして副作用も大きいと。

初めて飲むときはとても怖かったと記憶しています。

ですが、実際飲んでみて、私の症状にはかなり合っていたらしく、幸福感さえも感じました。

おかげで症状は軽くなっていき、それまではしょっちゅうパニック障害等で倒れることもあったのですが、このパキシルを飲んでからピタリと止みました。

それほど私の状態にピッタリだったのです。

ですが、会社を辞め、家も落ち着いてくるとパキシルで持っていた薬効効果が逆に枷となり、重荷になっていきました。

噂にもあった副作用の多さ…。

知り合いに聞くと、金属音が頭の中ずっと響いてると言っていました。

私も同じで、パキシル飲んだ後は金属音がキンキンなっていて、気持ち悪くなり、更に今起きているのか眠っているのかわからない、永遠目覚めない夢の中にいるような感じがして、頭がおかしくなりそうでした。

おかげで、寝たきりになってしまい、逆に前よりも状態は酷くなりました。

あの状態で高層マンションとかに住んでいたなら、ふとした瞬間、落ちる事を選んでしまうかもしれませんでした。

良かったことに私の家は一軒家。

精々高くても10メートルあるかないか。

おかげで危険な事にはならず、今も生きております。

未成年には出されない薬らしいですね。

インフルエンザの特効薬タミフルと同じ副作用の多く、危険な薬であることを再認識した私です。

今は薬を変えてもらい、まだ心の薬からは脱却できませんが、あの恐ろしい経験は今でもトラウマです。

スポンサーリンク